人気ブログランキング |
<   2005年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧
読書猫ミルク
母さんは読書が趣味です。

必然的にいつもそばにいるミルクも本を眺めます。
何だか判った顔をして見ているのが面白い。


何より好きなのが付属の紐栞。垂らしておくと猫パンチで遊び始めてしまいます。

ハードカバーを読む時は気をつけないとね。あはは

最近めっきり本を読むペースが遅くなった母さん。。左が最近読み終わった本達。
右が読みかけの本達です。
c0006826_7523642.jpg

「ミルク。この本読むと数学が好きになってしまうんだって。」
「にゃ」
「鸚鵡が出て来るんだよ。」
「にゃにゃ」

フェルマーの鸚鵡・・・は表紙のカラフルさがお気に入りの様子。時々表紙を撫でていますよ。
(鸚鵡に攻撃を与えているだけかも。あはははは)

c0006826_7525358.jpg

                  優雅な趣味でショ。本当は鳥類図鑑とか昆虫図鑑が好きだにゃ。

主に西方からの念(笑)によってか、母さんの元気はみるみる回復。足取りも軽く♪従って今日は転んでないよ。(爆)皆様ご心配頂きましてありがとうでした。
by milknyan1 | 2005-02-28 07:53 | ネコ
教えてコーチ!
ミルクコーチにお願いがあります。

軽い身のこなしを母さんにコーチして!!!






実は母さん一昨日・・・・・派手に転びました。あははははははははは
しかも。ほぼフラットな場所で。

加えて・・・・・・・人目の多い四つ角で。。。。。。


きゃああああああああああああああ。恥かしかった・・・・・


人前で転ぶなんて○十年ぶりだし、この前は確か町内対抗運動会だった・・・・

あの頃は若かったから膝をつく程度だったしな~~~


はい。両手を万歳して伏せ!の状態で転ぶなんてありえませんでした。。。。あはは~~~

幸い怪我は無く、さっと起き上がって一目散に場を去りましたから・・・・
まあ、大丈夫なんですが・・・

昨日からあちこち痛いです。(泣)

反省。
考え事しながらぼ~~っと歩くのは止めます。
歩く時には歩く事に集中します。。。。。。。

こんな時猫の身のこなしが出来たら・・・・と言うわけでコーチをお願いする次第!!

そうそう、帰ってきて父さんにその話をしたら

「お前も年をとったなあ~~」

むかっ!!





ベッドに水まいてやろうかしらん・・・(爆)
求む猛反省~~~~~~~~あはははっはは
c0006826_9451570.jpg

by milknyan1 | 2005-02-27 09:45 | ネコ
番外編  フェレットから猫への物語8(時々連載)
c0006826_194858100.gif

そんなこんなで危機を乗り越えた(笑)プー助(女の子)は
その後溢れんばかりの可愛らしさを爆発させて、非常に愛され年月を重ねました。

この子は非常に気の弱い子で大きな音が大嫌い。

田舎都市とは言え県庁所在地の繁華街の外れ。。。(爆)
車通りの激しい道路に面している我が家。

玄関から外はプー助にとっては恐ろしい所でしかありませんでした。
小さな時リードをつけてお散歩にでたところ・・・町内を出ないうちに走ってきた車の音にパニックになってしまい、鳴かないはずなのに、かなきり声!!

「キーギャーキ~~~~!!!!」

大騒ぎをしてご近所さんを慌てさせ、逃げ込んだ酒屋さんの自販機の陰から引きずり出すのに
また、大騒ぎ・・・・・・

その節はお世話になりました<(--)>あはは

その後お散歩は諦めましたとも。。。

お水遊びが大好きと言うフェレットなのにお風呂は大嫌いだし・・・
リードも大嫌い、首輪も駄目・・・・

あれれ?ミルクと同じね。(笑)

プー助は家の中だけを世界としてのびのび楽しく暮していたんですよ。
そう。


あの日までは・・・・・

続く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by milknyan1 | 2005-02-26 19:47 | プー助物語(完結)
仲直りの予感♪
お知らせ::プー助物語は毎週土曜日夜更新予定です~~~。


さて、父さんとミルク・・・・
なかなか大変な模様。。。

手術の朝、父さんのベッドにおしっこしてしまったのは記憶に新しいですが、
抜糸の後にもやりまして・・・
慌てて布団を替えたらまたもや・・・・

これは困った事になりました・・・・
猫がトイレ以外のところで用を足す場合は・・・・

トイレが汚れている。←そうじしてるよ
トイレがご飯のそばにある←全く違うところにあります。
トイレのそばに怖いものがある←う・・・・ん掃除機?でも昔からあるよ。
病気である←いたって元気
年寄りである←若いですってば。
ストレスがある←←←・・・・・・・・・やっぱりこれか?

とりあえず猫砂を丸交換してトイレをリセット
掃除機は移動
寝室には入れないようにする

で様子を見ることに。。。。寝室に入れなかったミルクは小さい兄さんと寝たようです。
朝、トイレには使った跡が。。。もう大丈夫かな??

朝の掃除時寝室にこっそり入ってきたミルク。早速父さんのベッドに上がりこんでいます。
しばし観察。
においかいでます。
ラベンダのリネンスプレーたっぷりかけてあったので、遠巻き。。。
そのうち手で砂をかける仕草。ををを。。。。危ない??
その後、退却。

これで終わったかな??

今日は父さんに抱っこさせていましたよ。まずは仲良しに戻った様子で良かったね。

c0006826_720923.jpg

      まあ、許してあげるよ。もう嫌な事言わないでね!!!!
by milknyan1 | 2005-02-26 07:22 | ネコ
☆手術話完了!!
昨晩、抜糸してきましたよ。

これで一連の手術のお話は完了です。

抜糸は簡単でした。母さんが頭を抱いてお腹を上にして診察台で処置。
小さなペンチのような物で細いワイヤの一部を切ってピンセットでピッ!

一箇所痛かったらしく小さく「ニャ!」と抗議の声をあげましたが無事終了。
何分もかかりません。

気になる所を纏めて見ていただいて今回のミッションは完了となりました。

相変わらず「小さいねえ。。。」と言われる体重は術前のそれにほぼ回復。
2,20Kg

もう一度、術後太る可能性が非常に高い事を説明していただき帰途です。
約2000円←覚書(笑)

一つ笑えるお話を。。。。

「ミルク~~。抜糸痛いぞ~~。怖いぞ~~。」
とからかった父さん・・・・・・・馬鹿なことをしたと心より悔やんでおります。

ミルク日本語堪能だから・・・・

父さんがご機嫌をとっても逃回っております。さあ、信頼回復の道はあるのか????





頑張ってね。(苦笑)
c0006826_6472136.jpg

          嫌なこと言うんだもにょ。。。。。
by milknyan1 | 2005-02-25 06:48 | ネコ
癒される~~~
猫って陽だまりの匂いがしませんか?

いわゆる獣臭がないですよね。

猫の手触りはあくまでも柔らかい・・・・・

どんなに疲れていても、どんなに辛い時でも・・・

触れて、抱き寄せて、顔を埋めるだけで、

満たされる。癒される。

普段、自由を好むミルクもそんな時には静かにそばにいてくれる。

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

人間、生きていればいろんな事に突き当たる。

どんな時でもめげてはいられないのだから、

さあ。前を向いて頑張ろう。

ミルク!さあ、今日も癒しビーム頼むわよ!!

c0006826_6383241.jpg

              何か言った????
by milknyan1 | 2005-02-24 06:39 | ネコ
ミルクはドイツ語できるの?
本日の力瘤
GRRRRR・・・・・・

日韓サッカーワールドカップは今思い出しても血がたぎるなあ!!
日本、韓国両開催国の頑張りに加えて、大好きなドイツの決勝進出には燃えました。

サッカー大好き!

ドイツ大好き!!

って、母さんの好みは置いておきまして・・・・何でミルクとドイツ語かって??

母さんドイツ語を少し勉強しました。
発音での苦労は何と言っても<喉彦>のどの奥GRRRRRと鳴らす独特な発声。
舌を震わせてもいいのですが、母さん舌が短いらしくて(笑)それは無理。

一生懸命<喉彦>を練習したものです。
「グーテン モ(GRRRR)ルゲン」(笑)

で、ミルク。このGRRRRが得意なの。あはは猫ちゃんは何処の子も一緒かも。
気持ち良い時のゴロゴロとは全く違うのだけれど、文字で書くのは難しい・・・・

机に飛び乗る時、勢いをつけるときになど

「GRRRRRRR」

と一声。

ミルク。何処でドイツ語習ったの??
<ミュンヘン!!>
・・・・・・・・・それは、母さんが死ぬまでにどうしても行きたい所だよ。。。。(笑)
c0006826_639997.jpg

これ、どこかわかります??大きい兄さんがヨーロッパで撮ってきた写真。残念ながらドイツじゃないよ。(笑)とっても有名なところ~~。これから時々ミルクには旅に出てもらいます(笑)

お知らせ:::::一寸ばかり時間に不自由しております。毎日毎朝更新を心がけておりますが、時間が不規則になるかもしれません。更新が無かったらへばっているかも(笑) こっそり応援してくだされ。じゃ!!
by milknyan1 | 2005-02-23 06:42 | ネコ
熱烈な・・・・・・
本日の力瘤
kiss!kiss!kiss!!!

手術が済んですっかり落ち着きを取り戻したミルクさん
大声で鳴く事も無く夜の徘徊もしなくなりました。

おかげさまで、母さんはじめ家族全員安眠を手にいれとっても嬉しい。

不思議なもので、絶食の時、夜お腹いっぱい食べて朝まで食べない!を習得したらしく
ミルクも夜中のご飯という<悪習>を止めたようです。

夜中3度は起こされていた日々ももう懐かしい・・・・授乳期が終わったって感じ・・・・・・・・?

さて、そのかわり新たな習慣も生まれたのですよ。
お風呂上りの
「母さん寝ようよ~~~~~cyucyucyu」

「母さん6時よ。朝よ~~~。ブッチュ~~~~~!!」

今までも擦り寄ってきてはいましたが、キスはそれほど頻繁ではなかったのですよ。

最後に顎に噛み付くのだけは前と同じ。
ミルク。それ、一寸痛いから・・・・(笑)
今朝も熱~~~いkissで起こされました。
c0006826_7374483.jpg

お腹が寒々しいのでカモフラージュ・・・・・・あはは。変!とっても変!!・・・・・ズ~~ン
by milknyan1 | 2005-02-22 07:40 | ネコ
これ知っています?
本日の力瘤
なめんなよ!

ち、違いますよ!!何かに腹を立てているわけでも皆さんに喧嘩を売っているわけでもありませんよ。これこれ↓↓
爆発的ブームになった猫
ご存知の方いくらかはいらっしゃるかな。??(笑)

1980年代初めに一世を風靡した猫ちゃん達です。
猫ネタ探しで(笑)うろうろしていて見つけたのですが、懐かしい~~~~。

で、なんでこれに目が行ったのかというと・・・
服!この子達よくこんな窮屈な格好して大人しくしていられるなあ。。。。。。。と。

表情を見て、嫌そうにしていないので虐待とは思わない(あんまり好まないけれど・・・)けれど、猫、服嫌がらずに着るものですか?

実は今回ミルクに素敵な腹巻を作ってさっと穿かせたら、怒られまして(笑)
固まっちゃうんですよ。唸りながら・・・・
お腹に大人の掌大の剃り跡がありますし、傷にはワイヤが剥き出しですからね・・・
ミルクは平気そうですが見ているほうが痛々しくって(笑)

きつくないようにスリットまで入れたのに・・・・残念だなあ。あはは

ミルクは小さい頃首に大怪我をしていたからか、首輪は勿論断固拒否されます。

せめてリボン付けて写真を。腹巻したら最近の写真も載せられるのに・・・・と思うのだけれど
駄目でした。ショボ~~ン  抜糸したら、そのまんま寒いお腹の写真を撮りましょう。。。。

というわけで、なめ猫たちは凄いな~~と思ったよ。というお話!ジャンジャン!!
c0006826_12422858.jpg

by milknyan1 | 2005-02-21 07:18 | ネコ
番外編  フェレットから猫への物語7(時々連載)
c0006826_18411016.gif

駆け込んだペットクリニックでは先生が待っていてくださいました。
血尿がついたおしっこシーツを見せ、診察室へ。

「レントゲンでは詳しい事は分からないけれど、多分臓器が傷ついているね。鮮血が排泄されるようになったら、覚悟して。。。。。でも、全体の状態を見る限りそれほど酷いとは思えないなあ。多分大丈夫だよ。次のおしっこが真っ赤だったら入院だなあ。」

「ようやく噛まなくなって慣れたところなんです。治療お願いします。」
「勿論、最善を尽くすよ。大人しそうだけど、噛む子なの??」
「ええ、革手袋で馴らしたんですけど・・随分噛まれました。」

「・・・・?革手袋?」

「ええ、ペットショップで言われたので。」
「はははは。そりゃあ噛むだろう革手袋なんかつけたら。素手にも噛み付く?」
「・・・・いいえ。そういえば・・・駄目なんですか?革手袋。」

「うん。普通しないね。そんな事」

だ、騙された!!ペットショップの怪しい親父め~~~~~!!!!

「酷く臭かったので、ショップではお風呂入れてはいけないって言われたんですが入れてしまったんです。猫用シャンプーで。毛に艶がなくなってしまうって本当ですか?」

「汚れていたらマメにシャンプーしてあげて。猫用でも大丈夫だよ。お風呂入れないでいいって言われたの?変な事言うね。」

だ、騙された!!ペットショップの怪しい親父め~~~~~!!!!

「可愛い女の子だから、早く直してあげたいね。」

「女の子~~~~?????」
「うん。フェレットは性別が見分けにくいけど男の子だと思っていたの?ああ、診察券プー助ちゃんになっているね。名前変える??」

「・・・・・・・・・・・・・・」

息子ひとこと。
「そのままでいいです・・・・・もうこの子自分の名前覚えちゃったから・・・」

すっごいいい加減な飼い主でしょう??(笑)

そんな話をしている間に排尿がありました。少しピンクなおしっこでした。
「うん。鮮血が出ないから命には別状ないでしょう。暫く薬を飲ませてください元気になったら1度健康診断しましょう。」

男の子だとばかり思っていたプー助は女の子で、ショップで教えられた事は殆ど嘘で、少々唖然で頭がくらくらしましたが(笑)とりあえず大事無く済んだようでほっとして帰宅です。
その後、次の日には出血も無くなって直ぐに治って良かった良かった。
by milknyan1 | 2005-02-20 18:43 | プー助物語(完結)