人気ブログランキング |
番外編  フェレットから猫への物語6(時々連載)

番外編  フェレットから猫への物語6(時々連載)_c0006826_2254059.gif
ギャ~~~!!

大きな叫び声に吃驚。慌ててカーペットからフェレットを引き出しました。

話が前後しましたが、名前はプー助。当時流行していたマンガに出てくるキャラクタと同じ名前がつきました。小さい兄さんが名付け親ですが、案外家族に不評で(笑)略称の「プーちゃん」と呼ばれておりました。

「プーちゃん大丈夫???」

抱き上げたプー助は、きょとんとして何がなんだか分からない様子。でも痛がってもおりません。ああ良かった大事にならなくて。。。。。。

そう思ってほっとして暫く後、大変な事態になりました。

「母さん。プーのおしっこシーツが赤い!」
血尿でした。

焦る焦る。

当時フェレットを診察してくれるペットクリニックは見当たりませんでした。
大急ぎで書店に走り、フェレット関係の書籍を買い占め、血尿への対応を調べましたが、腎臓を傷つけたことが分かっただけで、パニック状態。
しかし、巻末にエキゾチックアニマルを診察できる病院の一覧表が!!

「あ、市内に1件っていうか、県内に1件ある!!」
幸い車なら20分程の距離。もう夕方5時過ぎでしたが電話をしてみました。

「直ぐに連れてきなさい。」
地獄で仏。突っ走りましたとも。
by milknyan1 | 2005-02-13 22:08 | プー助物語(完結)
<< ... いつもご来訪ありがとうございま... >>