人気ブログランキング |
番外編  フェレットから猫への物語1(時々連載)
さて、過去何度かチラリと出てきた以前飼っていたフェレット、プー助=愛称プーちゃん
について少しおはなしさせていただきます。

「動物を飼いたい」

小さい兄さんがお金を握り締めて真剣に詰め寄ってきたのは小学5年生の時の秋でした。

何度か書いたことですが、我が家は1Fで商売をしており、2,3階が自宅、倉庫という造りになっていまして、形としては箱状態のビルです。
しかも繁華街の隅にあり、交通量が激しく、交差点に近く、街路樹スペース以外公園まで行かなければ土もないような場所。動物を飼うには適さないのです。最大の難点は防犯の為、閉店後はシャッタを降ろし、どこからも入る事が出来ません。
おまけに<おばあさま>が動物嫌い・・・・
しかし、その少し前、2Fをリフォームして世帯を分けたので、おばあさまに不快な思いをさせないでも、何とか飼えるか?という状態ではありました。

嫁に来てから、今までに金魚しか飼った事がありませんでした。。。。

何を飼う??動物好きな父さんも母さんも実は子供が言い出したら飼う気は満々だったのですが、犬の散歩(毎日時間通りにさせてあげられる自信が誰にもなかった・笑・当時子供達はサッカーをしていて、365日ほぼ自由にならなかったし、父さんと母さんも仕事のシフトが色々だったので)の問題にしろ、猫の室内飼いにしろ、問題は山積みでなかなか結論が出せません。。。

動物を家に招くという事は、その子の一生を引き受けるということですからね。
安易に飼育には劣悪環境だとわかりきっている我が家に受け入れる事は出来なかったのです。

そんな時、TVの特集で目に留まったのが<フェレット>という動物でした。

皆さんご存知ですよね。イタチをペット用に改良した愛玩動物。古くからヨーロッパで愛された
可愛らしい動物で、とても飼いやすいらしい・・・・・・

当時まだ、情報が充分ではありませんでしたが、何となく存在だけは気にかけていたのです。

で、町外れの怪しげ~~~なペットショップの店頭にその子がいたんですね。目が合って運命を感じたのが最初でした。。。。。。。。。。
番外編  フェレットから猫への物語1(時々連載)_c0006826_8485777.jpg

by milknyan1 | 2005-01-30 08:57 | プー助物語(完結)
<< ラヴシーズン1 猫の耳ダニ >>