人気ブログランキング |
近所の公園に・・・
山吹の花が・・・・・・・・・・・・・奇麗。
近所の公園に・・・_c0006826_8133158.jpg

七重八重 花は咲けども山吹の
実の一つだになきぞ悲しき

  兼明親王(かねあきらしんのう)  後拾遺和歌集


室町時代中期の武将太田道灌は
ある日鷹狩に出かけたおり 突然の雨に見舞われました。

通りすがりの農家に蓑を借りようと立ち寄ったところ
応対した農家の娘は 黙って山吹の一枝を差し出したのです。

道灌は それがなんの意味かも解からず不機嫌になりました。
「はあ~~~???なんのこっちゃ?」とは言わなかったとは思いますが(^m^;

屋敷に戻った道灌が 事の一部始終を家臣に話しましたら・・・・
それは 古歌になぞらえて丁寧に非礼を詫びたのですよと教えられました。

それは・・・「家が貧しいため蓑の一つもありません」
そんな事を娘は 失礼の無いようにとそれとなく歌になぞらえて伝えたのですよ。

美しい花を咲かせる山吹だけど 実の(蓑)一つも無いのです。。。。。
八重山吹は 実をつける事はないのですから。

事実を知った道灌は深く感銘を受け
その後歌に勤しむようになり後には高名な歌人ともなったそうです。

日本の情緒って。。。。素敵。

山吹が咲くと思い出す。こんな逸話。母さんは実家の母に小学生の頃教わりました。

日本語って美しい。日本の文化も素敵です。こうやって・・・ずっと伝えていけたら良いですよね。

ミルク。。聞いてる??
近所の公園に・・・_c0006826_828031.jpg

                    ぐー-----
by milknyan1 | 2006-04-25 08:29 | ちょびっと役立つシリーズ
<< 傑作(^m^) がく~~~~ >>