面白西への旅 プニちゃんと遊ぼうその5
さて、滋賀と云えば近江商人。
少しの資金で天秤棒を担ぎ他国(京都、大阪、東京など)に出て商いをした滋賀の商人は・・・・

後に大丸、高島屋、西武グループ、東レ、東洋紡、日清紡、ワコール、伊藤忠、丸紅、住友財閥etc etc

す、凄いなあ・・・・・
琵琶湖を中心に素敵な街がひしめく滋賀。今まであまり知らなくって・・・・勉強不足でした。

旅二日目は小さい兄さんの運転で近江八幡にドライブです。

古い街並みや水郷のある町、近江八幡は観光地としてもとても魅力的。古い商人の町並みも残り・・・時代劇のロケ地としても使われる風情のあるところです。
初近江八幡は、水郷めぐりから始まり始まり。
c0006826_18520119.jpg
c0006826_18530037.jpg
よーそろ~~
出発進行!!
c0006826_19211167.jpg
トンビが飛んでいます。大きい~~~♪
c0006826_19230754.jpg
ここは密林??あはは。葉っぱが細長くない柳など珍しい木も!
c0006826_19263180.jpg
背の高いのは葦、(あしは悪しにつながると・・・言う事で葦=よしと呼ばれるそうです)よしずになるあれね。
手前は蒲の穂。
c0006826_19294884.jpg
橋を潜り抜け船頭さんが櫂で漕いでくださる船は80分。水郷をゆらりゆらりと巡ります。
途中、春には桜が咲き乱れる細い水郷を通ったり(反対側は菜の花で埋まるそうです)
c0006826_19474395.jpg
時代劇に使われる東屋のある公園を眺めたり・・・船に揺られながら聞こえるのは水音と鳥の声と虫の音のみ。なんと贅沢な時間なのでしょう。

プニといえば・・・ゆらゆら揺れる船の中。母さんが持っていた麦茶のペットボトルをマラカスのごとくゆすったりじっと眺めたり・・・・

どうやら新製品のスーパー麦茶の開発に余念がなかった様子(笑)
この子は近江商人の先輩に習って大きく羽ばたく事が出来るのでしょうか??楽しみだわ~~~←こらこら

c0006826_19383532.jpg
80分間旅先案内をしてくださった船頭さんは・・・・
TV番組「人生の楽園」に出演なさった近江八幡和船観光協同組合に務める船頭・ 田頭政泰さん!
元校長先生だった田頭さん。女優 満田久子さんを教えられた事もあるとか。定年後この水郷の素晴らしさに、船頭として第二の人生を過ごされているそうです。
さすが先生。水辺の生物や歴史、地理など、とてもわかりやすく説明して下さり、ものすごく充実した時間をくださいました。
毎日大阪から通っていらっしゃるとのこと。こんな素敵な船頭さんに当たってとてもラッキーでした。
プニ。持ってるね。運!
c0006826_19452795.jpg
見てください。先を見つめるプニの頼もしい事←だ~~か~~ら~~~~!!!婆馬鹿


この後、お腹をすかせて、船頭さんも太鼓判の近江牛レストランへGO!
c0006826_19522459.jpg
一時間弱並んで美味しくいただきました!!
近江牛は柔らかく、でも肉質がシッカリとして、くどくない脂のとても美味しいお肉です。
近江牛の老舗、カネ吉山本の直営レストラン『ティファニー』

こちらでだけは贅沢して堪能させていただきました。
プニは大きい赤ちゃんなので、何処に行ってもお子様扱いなんですが、まだまだ8か月の赤ちゃん。
途中でぐずり出し・・・ばあばとママが交代であやします。
ばあばは耳元でこう呟いてあげました。
「プニちゃん、ごめんね!ママがお肉食べたから・・・今晩のおっぱいはステーキ味だからね!!たのしみにしていなさいね♪」

これで泣きやめば・・・・・・マンガみたいですけれどね~~~あはは。
なんとかなだめて・・・・・そろそろお別れの時間です。

父さん母さんは、ちょっと買い物もしたかったので京都に戻って静岡へ。草津まで皆に送ってもらってお別れしました。
次に会う時は年末。どんなに成長しているでしょうか・・・・寂しいけれどその日を楽しみにしています。


そして、おみやげは・・・・明日土曜日旅企画にてご紹介と云う所で今回これまで!!!
お付き合いくださいましてありがとうございました~~~!!!
c0006826_20031403.jpg
おしまい??
母さん、ひっぱったわね♪
たった二日の旅だったのに(^m^)

[PR]
by milknyan1 | 2015-10-30 06:00 |
<< 土曜日 ミルクにゃんの旅あれこれ 9 面白西への旅 プニちゃんと遊ぼ... >>