人気ブログランキング |
土曜日 ミルクにゃんの旅あれこれ 4

さてさて、今回は??
先日来ちょっと話に出ていた清水の次郎長関係を!!

土曜日 ミルクにゃんの旅あれこれ 4_c0006826_20505922.jpg
始まりは2冊の本でした。静岡市生まれの小説家、諸田玲子さんは実は父さんの同級生。
時代歴史小説を主に書かれている作家さん。

時折読ませていただいているのですが、今回は  波止場浪漫  
清水の次郎長の養女、おけんちゃんと医師 植木先生のラブロマンス(^m^)
諸田先生は実は次郎長の遠い縁戚だそうで、かなり史実に忠実に描かれたお話は、見知った清水の街が舞台になっている事も相まってとても面白く読了できました!!!

そうなると・・・近くの町の事だもの。行ってみたくなるじゃあない???(^▽^)b
と云う事で、近くだけれど 次郎長を辿る旅に出たと。。。。そう云う事です。

次郎長というと皆さんはどんなイメージですか??
幕末・明治の侠客で本名、山本 長五郎(やまもと ちょうごろう)は、 浪曲、映画で「海道一の親分」として皆さんに記憶されていると思います。いや、実際結構暴れた時代もある大親分なんですが、晩年は公共事業、社会事業に取り組み、困った人は見捨てておけないなかなかのお人柄。
地元清水には今でも生家が保存され、お墓や、復元された船宿 末廣 などが見学可能になっています。

今日は生家をご紹介。
土曜日 ミルクにゃんの旅あれこれ 4_c0006826_20571037.jpg
こじんまりとした商店街に町並みに馴染んで建っている生家。昔は子孫が管理運営されていましたが、今はNPOの管理になっていました。
土曜日 ミルクにゃんの旅あれこれ 4_c0006826_20585919.jpg
次郎長さんは商家の息子さんでした。家具が素敵!!
土曜日 ミルクにゃんの旅あれこれ 4_c0006826_21000867.jpg
土曜日 ミルクにゃんの旅あれこれ 4_c0006826_21032062.jpg
なかなか写真心をそそる家でございます。自由に写真撮影もできますし、土間を奥に進むとお土産も。
産湯をつかった井戸なんかもあって楽しいですよ。保存のために苦労なさっているようですが、皆さんの力でこのように見学できる貴重な場所です。

所在地

〒424-0945   静岡市   清水区美濃輪町4-16

電話番号

054-353-5000

利用料金

無料

休業日

火曜日(祝日の場合その翌日)・年末年始

営業時間

(平日)10:00~16:00、(土日祝)10:00~17:00

駐車場は向かって左側にある路地を巴川の方に入った所に数台分

土曜日 ミルクにゃんの旅あれこれ 4_c0006826_21082860.jpg

次郎長の生涯についてはとても語りつくせない長大なお話になるので(^^;
数回に分けて旅の見どころだけご紹介してみますね。
次回は復元された船宿 末廣 をご紹介いたします。ではでは!!!

土曜日 ミルクにゃんの旅あれこれ 4_c0006826_21105019.jpg

次郎長の奥さんは生涯3人。代々名前はお蝶と名乗りました。

今日のミルクは三代目お蝶さん。
とても肝の据わった、素敵に立派な女性でした。どうかしら??風格が演技できてるかしら??(笑)

よかったらポチっと応援お願いしますにゃ(^^


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
にほんブログ村




by milknyan1 | 2015-09-26 06:00 |
<< 日曜 美術館 第二十七回  手... 毎度おなじみ オオイシ文具店さ... >>