人気ブログランキング |
無花果


母さんの覚書 今日のワンポイント
いちじくは漢字で「無花果」と書きますが、花がないわけではありません。実の 中に小さな花をつけるため、外からは確認できないだけです。

いちじく  
母さんがまだ小学校低学年の頃です。 前出の金山寺を作る伯母の家の畑の横に一本の無花果の木がありました。伯母の2番目の息子とは年齢が近く(ちょっとお兄さん)仲良しで・・・ある時二人で無花果の食べ比べ。そこは加減を知らない食いしん坊。すっかりお腹を壊してしまいました(笑)

以後、無花果は食べられなくなり・・・好き嫌いが無いのが自慢だった母さんのたったひとつ苦手な食べ物になってしまったのです。

時は流れて・・・お嫁に来た家は商売屋。義父、義母との同居です。毎日めまぐるしい時を過ごしていましたが、この時期になると義母が無花果を美味しそうに食べるのです。
それはそれは美味しそうに口に運ばれる無花果。
母さん苦手なのだけれど、思わず食べてみようか??と思う位美味しそうに頬張る笑顔が忘れられません。

あまりに美味しそうに食べる義母に倣い、何度かトライするも・・・やはり苦手。
小さな頃は食べられたのになあ。
母さんには無花果を食べる徳が無い(無花果が悪いのではなく、母さんが美味しさをわからない残念)のだと諦めておりました。

そして、義母を見送った翌年です。お仏壇に好物だった無花果を供え、日が経って降ろした後、なんとなく一つ皮を剥き 供養だからと口に運んでみました。

ここからが本当に不思議。あれほど苦手で食べられなかった無花果がとても美味しく感じられたのです。

「お義母さん、私の口を借りてでも無花果食べたかったんだね・・・・」
義母が残してくれた美味しい物を味わうチャンス。確かに受け取った母さん。それからずっと無花果が好き。


で、ここからが本題(笑)
先日飛倉舎のももんがさん (←ここから飛べます)が いちじくの赤ワイン煮を紹介されていて思わずレシピを聞きまして♪さっそく作ってみたのです。

無花果_c0006826_22093778.jpg

ものすご~~~く!!!!美味しいのこれ!!!!
夢見心地になるくらい~~~♪(^m^)

ももんがさんありがとう~~~~~♪これから毎年作る事に決定!!というお話なのでした(笑)

無花果_c0006826_22114172.jpg

くんくんくん。甘~~い匂いがお部屋に漂って・・・
なんだか幸せな感じよね♪

無花果の皮を剥き、お鍋に並べ赤ワインとお砂糖を適宜加えくたっとなるまで煮ます。
はい。出来上がり~~~♪
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
にほんブログ村


よかったらポチっと応援お願いしますにゃ(^^


by milknyan1 | 2015-08-26 06:00 | おいしい!!
<< 夏が去る、ついにあれがやって来... 世界一の金山寺味噌! >>