℡セールス応対実例 その3

ミルクにゃんの実用講座  電話の応対
三日目の今日は実例・・受験の時期の塾の勧誘の応対をお送りいたします。

c0006826_21421990.jpg
主に高校受験の前、中学2年の夏くらいからでしたかね。あちらこちらの進学塾からの勧誘電話がありました。
曰く
「お宅の子供さんが特別クラスに選抜されました」
「○○高校に行くためには今から始めなくては手遅れになります!」

まあ、そんな馬鹿な~~と思いながらも、自分の子供が特別クラスに選抜されたとか聞いたらちょっと気分良いものです。
○○高校は難関高校だけれど、手が届くかも??なんて心が動かないと云ったら・・・・嘘。

親って、お馬鹿よね~~~~
「どこそこの 誰それさん、誰それ君も成果が出ていますよ!」
確かに誰それさん、誰それ君は優等生・・・・へええええ。あんな風になれるの?凄いじゃない!

話だけでも聞こうかしらって・・・・思っちゃう??
ちょっと待って。

特別クラスに選抜・・・・そこの塾の選抜テスト受けてる??受けてないよ??多分・・・
○○高校・・・・・・・・その高校に行きたいって息子考えていた??
誰それさん、誰それ君・・そこの塾、簡単に通っている人の事、他人に喋っちゃうの??

なんか変。なんかもやもや。。。

進学に際しては、子供も親も消耗するし、葛藤もあります。考える事は山盛りだし、将来を考えたら疎かに出来ません。気持ち的には結構いっぱいいっぱい。

そんな時に付け込まれちゃうんですよ~~~~

進路にビジョンがあれば、こういう外部からの美味しい話は胡散臭いって気が付きます。

もし、必要なら自分から塾の門をたたくでしょう。勧められて通う位の気持ちしかないのなら、行っても多分時間の無駄。所詮、本人がやる気にならなくっちゃ成果なんて付いてこないですよ!

今なら言える。ええ。今ならね(笑)
受験期の親って多分に判断力弱っていますから・・・・

で、応対です。母さんはこう云いました。
「うちの子供は自分で進路を決めているので、本人が必要だと思ったら塾に行きたいと相談があると思います。ご心配ありがとう。その時にはこちらから連絡するので」

二人目の時に、ようやくそう云えるようになっていました。あはは。一人目の時には結構振り回されたかも。

子供が少なくなって塾産業も大変なようです。今時事情はわからないですが、本当に必要かどうか冷静に考えるのは大事。そう思いますよ~~~。みんなが行くから、という理由で塾に行っても大した結果は出ないです。これ本当。
c0006826_16261057.jpg
ああ、思い出しちゃった。地下帝國立、最高位猫高校の受験の時・・・・
毎日毎日塾と家庭教師にお勉強しろって云われて・・・・・ミルク本当に辛かった・・・・

あ、取り乱しました。
明日は、実例・・明らかに詐欺とわかる馬鹿な電話への応対 をお送りいたします。
番組の担当はミルクにゃんでした。
又明日お目にかかりましょう。



にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
にほんブログ村


よかったらポチっと応援お願いしますにゃ(^^


[PR]
by milknyan1 | 2015-07-15 06:00 | ちょびっと役立つシリーズ
<< 電話応対実例 番外編 ℡セールス応対実例 その2 >>