人気ブログランキング |
食べさせてはいけない物たち
前にまとめようと思った猫にに食べさせてはいけないものですが、
基本的にはアクの強いもの、味の濃いもの は避けた方がいいみたいです。
基本的に人間の食べ物の多くは猫には合わないようです。

ネギ類は、(長ネギ、玉葱、わけぎなど)その成分が動物の赤血球表面にある
「ハインツ小体」とよばれる組織を破壊してしまうんだそうです。
すると細胞膜が壊れて、溶血性貧血という症状を引き起こすのですって。。。。。
怖いですね。葱は調理品に含まれていたりしますから気をつけないと・・・・
ハンバーグなんか玉葱たくさん入ってますよ。ワンコも葱類駄目ですよね。。。

あと、案外知られていないのが お魚類。ええ?ミルク大好きですよ。
獣肉が主食の動物は、体として処理できる脂肪というのが
「飽和脂肪酸」と呼ばれる種類のものなのだそうです。
ところが魚に含まれる脂肪は不飽和脂肪酸と呼ばれる種類のもので、
これは肉食動物の体では充分には処理することが難しい。
猫はご存知のように本来肉食動物です。肉食動物に魚をあげる場合は、
水煮にして脂肪分を極力取り除いておくことが大切なのだそうです。
猫には魚が定番だろうと安易に生魚等を食べさせすぎると、
全身に貯まった脂肪が炎症を起こす「黄色脂肪症」という病気に
かかってしまう可能性が!!!!うわ~~。気をつけよう!!
青魚は特に注意。
イカ、海老、蛸などは加えて消化が悪くお腹壊すし。海のものは
結構難しいね。前に教えていただいた煮干、鰹節も要注意。

炭水化物なんかもあまり大量に与えると下痢することがあるんです。
人間と違って猫の消化器官は澱粉をあまり処理できないからなのですが
昔は猫まんまといって、お冷ご飯に鰹節をかけた物をあげてましたよね。
いけなかったのか~~。
そして、あと気を付けたいのは貝類ですよ。
貝は餌となるプランクトンに貝毒を蓄積させる物があって
貝毒は体重比で効くのだそうですから、人間に比べて体の小さな猫は、
摂取量によっては中毒症状を起こすことがあります。
また貝毒の種類によっては強度の血行不良を引き起こす結果、
耳が欠落してしまうような後遺症を残すこともあります。貝毒に
アレルギーを起こして湿疹が出来痒みのために耳を掻き崩す可能性も
あるとか。。。これも怖いですね。
植物も前に出てきましたが百合等身体に悪いものが。お花を飾る時は
ネコチャンに食べられないように(^^;

さらに気を付けたいのが食品添加物ですって。
加工食品には多量の食品添加物が含まれていますから、
人間より体の小さな動物への被害はかなり深刻な物になりますよ~。
甘い物も与えるととても喜ぶ物ですが、肥満の原因になるのでNG
結論は・・・・・・・・・・・・・・・
できるだけキャットフードとして作られた物が安心って事ですかね。


まあ、あまり神経質にならなくても良いかも知れませんが
知っておいて損は無いです。ちょっと心に留めておきましょうね♪

食べさせてはいけない物たち_c0006826_0211315.jpg

             あれもこれも駄目なの?????つまんニャイ・・
食べさせてはいけない物たち_c0006826_2073470.jpg

イカどこ?蛸どこ?海老は???ブクブクブク・・・・(笑)
**************************************************
本日の勝手にコメント(><
・・・・・えええええーーーーーーーーーーー!!!なのか。。。。。そうか。

MOMOのソースはフードプロセッサとオーブン、擂鉢があれば大丈夫。素晴しく美味しいよ!!ガンバレ♪私も2回目を作る予定です。

あ!!!本当だ。似てる!!!プゲラ  
by milknyan1 | 2005-08-01 00:21 | ちょびっと役立つシリーズ
<< 小さい兄さんと毎晩宴会 別れの朝 >>