人気ブログランキング |
猫の言い分4

再現実況

「ミルクー。今晩は誰もいないから父さんと遊ぼうな。まず父さんご飯食べちゃうから
待っててな。」
 「キョロキョロキョロ母さんは?兄さんは??にゃーー」 
「うん。良い返事だ。もぐもぐ」
「父さん。母さん隠してる??にゃーにゃー」
「なんだ?ミルク遊びたいのか?ちょっと待って。もぐもぐ」
「ちょっと、その机の上に母さんいる??にゃーー」
「ミルク!!膝に乗ったら駄目だよ。う、嬉しいけどご飯中は駄目だ。」
「いないのね?にゃー」

「ミルクがようやく俺によってくるようになったぞ!!!もぐもぐ待ってろ。今遊んでやるから、モグ・・」

もうこの時点で、ミルクは母さんと兄さんが居ないことをしょうがないと思ったようです。
いないものは仕方がないから・・・

  今日は父さんを相手にしてあげようじゃにゃい。

子猫を相手にした事のある皆様はご存知ですよね。子猫が遊び始めたら、付き合っている間中は疲れようが、どうしようが遊び狂う事を。。。。。。
ドンドンテンションが上がって、そのうち自分が制御できなくなるのは、人間の子供と一緒ですが、身軽でスピードがあり、細い牙と爪を持つことが大きな違いです。

で、




父さん、知らなかったんですね。トコトン付き合って・・・・力尽きたようです。(爆)

チーーーーン!!

ご愁傷様でした。あははは

「にゃんだ、もう遊んでくれないの?詰まんないわね。寝よ。」
ミルクはあっさり寝てしまいましたとさ。

でも、その晩から父さんの傍にじっと座っていられるようになりました。時々はお布団にもぐりこむ事もあるようです。
「ようやく俺の愛が通じた・・・・」
父さん至福です。(笑)

猫の言い分4_c0006826_8452649.jpg

by milknyan1 | 2004-12-25 08:47 | ネコ
<< やれやれやれ・・・の最終日曜日 猫の言い分3 >>