カテゴリ:古い物( 2 )
重版出来
c0006826_13174422.jpg

お使いに行ってくるね・・・・と玄関に出ると・・・
室内ではミルクさんが

出かけちゃうの????私を置いて????
と、後ろ髪を引いてくれます(笑)

さて、今日もよもやま話にお付き合いくださいませね♪

重版出来(じゅうはんしゅったい)

重版(じゅうはん)は、出版物を初版と同じ版を使い、同じ判型・装幀にて刷り直す(増刷・重刷する)こと。 重刻(じゅうこく)または再版(さいはん)ともいう。 重版が出来上がってその書籍が販売されることを重版出来(じゅうはんしゅったい)という。


今オンエアされているドラマのタイトル 重版出来。

ご存じの方も多いと思いますが・・・・

母さんはこのドラマが好きです♪古くから読んでくださっている方は御存じですが、母さん若いころマンガ家目指していた時期があります(爆)←今となると血迷っていたとしか思えないですが・・・

で、ほんのちょころびっとだけですが、出版社の方とか漫画家さんなどとお会いした事がありまして。

うわ~~~。今も昔もマンガ製作の現場って変わっていないな~~~なんて懐かしみながら見ているんですよ。黒木華(はる)さんも凄く可愛いし、母さ、編集長の松重さんのファンだし♪


で、今日の重版出来の話題はドラマではありません。

リアルタイムで話題になっている重版はなんと月刊漫画誌。
母さん世代のカリスママンガ家 萩尾望都さんの ポーの一族 の続編が掲載された月刊漫画誌が
発売即売り切れ続出で、なんと月刊誌で重版決定。11日に再度店頭に並ぶと云う・・・・


ポーの一族と言うのは 時を超えて彷徨うバンパネラ(吸血鬼)エドガーとアランの物語。
勘の良い方は、題名で気がつきますよね。  エドガー・アラン・ポー(^▽^)b萩尾先生ナイス!
c0006826_1365167.jpg

これは以前買ったムック本の表紙。主人公の二人です。

さて、萩尾先生とは大昔、一度お目にかかってお話をする機会がありまして、
大好きだったある作品の続編を描いていただきたいと申し上げたら・・・
「あのお話は、描き終わったお話だから、私は描かないけれど、あなた描いてくださっても良いわよ」


あわわわわ・・・・と、とんでもございませんです~~~~~~!!先生冗談にもなっていません!!

そんな会話が思い出されます。


今回、思ったのは時が止まり
成長する事のない吸血鬼が、約40年たって現実に作品となって再び現れると云う事の凄さですよ。

描き終わった物語ではなかったのですね。主人公はずっとずっと彷徨っていたんですよ。

ああ、凄いなあと。

手塚先生の  火の鳥 
萩尾先生の  ポーの一族

もちろん漫画だけではなく小説でも出会う事があるのですが、とんでもなくスケールの深く大きな作品。

そういう物にリアルタイムで触れる事が出来た幸せに感謝です。




で、新作のポーの一族を母さんが読んだかというと・・・・・

実はまだ。

思い入れが大きすぎてエドガーに会う勇気がまだでません。




[PR]
by milknyan1 | 2016-06-09 13:22 | 古い物 | Trackback
涼を呼ぶ色 ガラスのブルー

ガラスって涼しげ~~~~
昨今とてもオシャレな食器多いですけれど・・・
こんな大皿、どうかしら??(25cmほど)
昭和のお皿。今見ても可愛いと思いません??

c0006826_16184358.jpg
c0006826_16192504.jpg
何を盛りつけたらよいかしら????

ネタと写真の 打ち出の小出し 作戦実行中(^m^)



c0006826_19255812.jpg
そのお皿、あたちが乗ったらどうかちら???

う~~~~んん・・・・・・・・・・(^^;


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
にほんブログ村


よかったらポチっと応援お願いしますにゃ(^^


[PR]
by milknyan1 | 2015-08-07 06:00 | 古い物 | Trackback | Comments(22)