カテゴリ:地域猫( 10 )
映画 先生と迷い猫

先日父さんとこんな映画を見て来たよ♪
先生と迷い猫

c0006826_14114139.jpg

主演のイッセー尾形さんは独り芝居で有名ですよね。とても個性的な俳優さん
亡くなった奥さまの役はもたいまさこさん。こちらも個性派女優さん。
そこに三毛猫ドロップちゃん(NHKのあまちゃんに出ていたのだって??)が出演とあっちゃあ・・・・・見に行かなくては(笑)

ちなみにこの手の映画は何匹もの猫を使って撮影するのでしょうが、三毛猫はそんなわけにはいきません。だって全部の猫が違う柄だからね・・・・で、全編ドロップちゃんが演じきったと!!!素晴らしい!!

あ、POPにもあるけれど、ピエール瀧さん。静岡出身の個性派俳優さんも出ています♪

c0006826_14122738.jpg

お話は実際にあった地域猫のお話をベースに作られています。猫好き~さんにとっては色々な意味で考えちゃうし、共感しちゃう映画です。

c0006826_14131029.jpg

さて、この映画。静岡では、優れた小品を紹介する小さな映画館静岡シネギャラリー(サールナートホール)で上映されています。こちらのホール母体はお寺さん♪静岡駅すぐそばです。

こちらは普通の映画館とはシステムが違うので、会員以外は1800円。シニア(60歳以上)は1200円。母さんたちは会員ではないので定価で入場。

猫が繋ぐ優しさの連鎖、人の心の暖かい事。しみじみ暖かい作品でした。

さてさて、母さん今日、明日は西へ出かけます。
西のぷにちゃん こと小さな兄さん姉さん(次男夫婦)の赤ちゃんに会いに行くのさ~~~
 
と云う訳で、お返事ご訪問はまたまた遅れます。申し訳ありませんがよろしくお願いいたします~~~~

c0006826_14322038.jpg

あたちはゆっくりお留守番~~~~~♪

よかったらポチっと応援お願いしますにゃ(^^


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
にほんブログ村




[PR]
by milknyan1 | 2015-10-23 06:00 | 地域猫 | Trackback | Comments(14)
野良猫⇒地域猫  その7
さて、最後にチップの世界の普及状況を

殆どの国が同規格なので外国に連れて行くときにも安心ですって。
登録制度として導入されているのは
  シンガポール、フランス(80%)  スペイン「バレンシア州」(35%)
  台湾

検疫として導入されているのは
  オーストラリア、ニュージーランド、アメリカ(ハワイ州)

飼い主の任意導入は
  イギリス、ノルウェー(40%)スウェーデン(50%)
  フィンランド、ポーランド、ドイツ(60%)ベルギー(40%)
  オランダ(80%)デンマーク(35~40%)ルクセンブルク、オーストリア、チェコスロバキア
  ハンガリー、ギリシャ、スイス、イタリア(70%)ポルトガル、南アフリカ、アメリカ、カナダ、
  マレーシア、日本

イギリス56万頭
カナダ55万頭
アメリカ100万頭
オーストラリア32万頭
ヨーロッパ諸国175万頭

その他の地域33万頭

ペットを海外に連れて行くときには、チップの埋め込みが必要な場合がありますから各国大使館に問合わせを!!

以上、」昨日今日のデータは共立製薬
アイディール(個体識別システム)のリーフレットからのご紹介でした。

先日長い生き別れの期間を経てチップのおかげで元飼い主に会うことが出来た猫ちゃんの記事を見て・・・・チップの有効性を強く感じました。
広くこのシステムが広がる事で猫社会が少しでも良くなると良いな・・・・と母さんの気持ちを込めてご紹介しました。不都合がありましたら削除いたしますのでご一報を。

尚、このシステムに関する詳しい問い合わせ先は
社団法人 日本獣医師会だそうです~~~~~(^▽^)
c0006826_804761.jpg

               静岡はチップ先進県ニャのね
               ミルクの背中にもチップ入ってましゅ。
               母さん!試しに迷子になってみようか???




               やめてください!!(^^;
[PR]
by milknyan1 | 2006-05-12 08:02 | 地域猫 | Trackback | Comments(16)
野良猫⇒地域猫  その6
さて、だいぶお待たせしてしまいました。
チップのリーフレットの詳細を。

さてさて。。。まだなかなか普及していない個別識別マイクロチップシステム
リーフレットには
迷い犬、猫、災害、盗難・・・からペットを守る・・・・・・

とありますが、

コメントで「どうやって識別するの?」という質問をいただいたのでお答えを。

猫や犬が迷子になったら_____
迷子になったら

直ぐにかかりつけの獣医師に連絡してください。

先生は直ぐに「日本獣医師会」に連絡をします。

保護されたら_______
リーダーの設置してある動物病院・保護センターなどで保護した場合

リーダーで登録番号を直ぐ確認し、「日本獣医師会」のデータベースに問い合わせます。

データベースを素早く検索::I.D番号の照会で飼い主がすぐにわかります。


チップの中には固有の識別番号が入っているわけですね。<メモリーされたI.Dナンバーは15桁の数字で表されます。最初の3桁が国番号。次の2桁がペットコード。次の2桁が製品番号。最期の8桁が個体識別番号です>

そして、獣医師会のデータベースから飼い主の情報をセレクトするんです。すなわち飼い主が引越しをしたとしても獣医師に申告をして獣医師会のデータを変更してもらえばOKということ。

さて、気になる日本でのマイクロチップ導入状況は?
1998年からマイクロチップ動物登録事業が開始されました。

只今の所・・・・福岡県2000年から
         静岡県2002年から
         東京・・不明
         この1都2県が本格的に取り組みを行っているのだそうです。

まだまだ・・・・すべての県で積極的に取り組まれているわけではないのですね。

ただし・・・最近では都市基盤整備公団からのペット共生住宅におけるマイクロチップの取り扱いがクローズアップされてきているようです。

東海地震が心配される静岡での取り組み。。。母さんの生活区域では幸いこの様に獣医師会が積極的に活動しているようなのでミルクに導入できましたが、4Jさんに聞くまでちっともこのシステムの事は知りませんでした。

普及してこそのシステムだと思います。

普及先進国に続いて日本でも定着したら良いですね。

皆さんの生活区ではどんな感じでしょうかね。

日本獣医師会のチップのページはこちら。ご参考までに
[PR]
by milknyan1 | 2006-05-11 18:10 | 地域猫 | Trackback | Comments(12)
姿勢を正して(笑) チップ情報番外編
c0006826_835778.jpg

きをつけ~~~~~!!
手が・・・・ピグモン(笑)
なんで、ミルクがこんな格好で姿勢を正したかって??それは仰天ニュースに敬意を表してですよ。↓↓


今日はチップの話でこんな仰天ニュースを!

マイクロチップで飼い猫と10年ぶりに再会=米カリフォルニア州
AP通信によると、米国で、10年という歳月、1200キロという距離を隔てて、行方がわからなくなっていた飼い猫と再会するという奇跡のような出来事があった。  先週、カリフォルニア州サクラメントで、一匹の迷い猫が保護された。州動物保護当局が、通常、保護した猫にするように、体内に埋め込まれたマイクロチップをスキャンして登録情報を調べたところ、なんと1996年にワシントン州シアトルのアリソン・マクイーワンさんの家から失踪した飼い猫“スニーカー”であることが判明したのだ。

全文はこちら

連休明けにと思っております。マイクロチップのお話の続き。
昨日こんな海外ニュースを見かけました。はあ~~~10年前に・・・・・
こんなこともあるんですよ!!!旅に出たまま帰らない猫ちゃんもきっとどこかで元気です(^^
あ~~~。とっても嬉しい記事だ(^▽^)

c0006826_8372225.jpg

休め!!(笑)
[PR]
by milknyan1 | 2006-05-05 08:51 | 地域猫 | Trackback | Comments(21)
野良猫⇒地域猫  その5
さて、今日はこのカテゴリを作るきっかけになった4Jさんより今日届いた
地域猫ちゃんズの写真をば急遽ご披露
チップの話は又来週お届けと言う事で♪どぞよろしく。


まずは・・・・新顔の地域猫チャーコちゃん
この子はね。警戒心が強くって避妊手術を受けさせるまでに大変な苦労をしたんですって。
4Jさんパパ・・・・引っ掻かれて顔に傷つくってたよね。
ママも手を傷だらけにしてたし・・・・

それがどう?手術を受けさせて・・・落ち着いたら・・・・愛情に飢えていたのね~~~
今はこの通り!!ここまで慣れるのには本当に大変でした。
c0006826_17121496.jpg

パパに抱っこされてリラックス~~~~~~♪
あのね・・・・大きな声ではいえないけれど(笑)撫でて貰うと嬉しくって「うれション」しちゃうんだって(^▽^)ねえ。皆さん。猫のうれション(嬉しくっておしっこをちびる事ですよ)なんて聞いたことあります???

これだけ慣れてくれたことに4Jご夫婦も感慨しきり!!

放っておかれたら消えてしまったかもしれない命がこうして人間と共に心穏やかに過していけるなんて。。。ああ、いい話だ~~~(^^

そして、2枚目この子も地域猫
タケさんです。実はこの子・・・・暫く前に突然歩けなくなりました。非常に体調も思わしくない。。。・・最悪の場合も考えたようですが・・・少しずつ回復。最近はだいぶ良くなってまだおぼつかないながらみんなと遊べるまでになりました。

さて、その時病院でこう言われたそうです。
麻痺性の病気なら麻痺したままだけれど、良くなったりするのは血栓が考えられる。

血栓??

人間でしたら歩けないほどの血栓ができたら手術ですよね。軽ければ投薬?

でもね。猫ちゃんの場合、な、なんと血栓ができると自然にバイパスが形成されて回復する(完全回復ではないけれど、ある程度は良くなる)のですって!!!!!凄いぞ。猫の生命力。
c0006826_17252911.jpg

                 ハンサムでしょう?旧名めがね君今はタケさん

そして・・・これはやっぱり地域猫のヤマネクン・・・えっと。。。新しい名前は何だっけ(^^;
二匹で安心しきって寝てますよ~~~~。
c0006826_17285853.jpg


完全に飼われている状態ではない地域猫として、しかし心優しい4J家を拠点として・・・

この子達は今日も幸せに暮しております~~~~!!やんや。やんや。
[PR]
by milknyan1 | 2006-04-22 17:33 | 地域猫 | Trackback | Comments(14)
野良猫⇒地域猫  その4-2
はい!こんばんは(笑)
昨日の続き行ってみましょう~~~

さて、ご指摘があった通り、チップが挿入される場所は決まっています。左肩になります。
皮をビヨンと摘んで昨日の写真にある注射器のような器具で注入するのです。
まあ、ものの数秒?あっという間の出来事ですよ。

読み取り機はそうですね~~~。TVのリモコンのような感じの物です。片手で持って
該当場所(左肩)をサッと一撫でするとディスプレイにデータが。
どうやら電池がエネルギー源と見た(^^停電でも災害時で電気が通電されていなくてもあれは使えますよ!!動物病院や動物センター、保健所等色々な所で読み取れるはずです。
迷い猫ちゃんを最寄の動物病院に連れて行けばチップのある子は直ぐに身元がわかりますね。まあ、自宅で読み取るってのは無理でしょう。。。。読み取ってもデータは数字ですしね。

一頭一頭に固有の番号が刻まれていて、これは世界でたった一つのその子だけの認識番号になるそうです。

皆さんの関心のひとつに体への負担があると思いますが・・・ミルクの場合は全くなんとも無いです。毛がムクムクと言う事もありますが、さわってもどこにあるやら判らない位。
注入した時に、触らせてもらいましたが・・米粒くらいの感じです。

体の中で移動してしまう事も無く、生涯壊れる事もないそうです。

明日はいただいたリーフレットに書かれている事に絡めて少し。
そして、地域猫ちゃんに話を戻して・・上手な捕獲の仕方など(^^b
おなじみ4Jさんのお話を元に続けます。
c0006826_18532220.jpg

              これがリーフレット。読めるかなあ・・
[PR]
by milknyan1 | 2006-04-21 18:59 | 地域猫 | Trackback | Comments(6)
野良猫⇒地域猫  その4-1
さて・・ミルクさん。チップ入れてまいりましたよ。今日から数日はそのお話。

先駆けてお医者様とは電話でお話をしました。

簡単な処置ですが、体に異物を入れるわけですから体調の良いときにしたほうが良いとのこと・・

予約をして当日を迎えましたよ。

持ち物は印鑑♪←実は忘れた(笑)因みに代金は5000円

簡単に健康診断していただいて体重をはかって・・・4,2キロ(思ったほど増えていませんでした。)

さてGOです。

心配なら付き添っていて良いですよ。と言われましたので母さん、ミルクの頭をなでつつ処置室に留まりました。

拘束服を着せられ(暴れないように)
エリザベスカラーをして(母さんに噛み付かないように)

万全の体勢でさあチップを入れます!!

チップは長さが1、3センチ直径2ミリほどのカプセルです。太い注射針のような物で注入します。
c0006826_17505138.jpg

写真のリモコンのような物がチップを読み取る機械。その下にあるのが注射器のような物(笑)

「痛がる子もいます。平気な子もいます。さあ、ミルクちゃんはどうかな??」

はい。全く痛がりませんでした。(^^針を刺した時にも気が付かなかったみたい。眉一つ潜めることも無く終了~~~。一応チップの読み取りもしてもらい機能がきちんと働いている事を確かめていただきました。

猫は背中の皮にたるみが充分あるので比較的痛くないみたい・・・とは聞いていましたが、あっけない。あはは

それでも2ミリ以上の穴をあけたわけですから数日は静かにさせてね。・・・・と

どうだろう。静かに出来るんだろうか???
結果的には無理でした(^^帰るなり遊びまわってましたよ~~♪

ま。それだけ簡単な処置と言う事です。皆様ご安心召されよ。
c0006826_1759385.jpg

これで、とりあえずいろいろ安心・・・・かな。まあ一つの手段ではありますね。

明日はチップの詳しい事を。お待ちあれ。
[PR]
by milknyan1 | 2006-04-20 18:00 | 地域猫 | Trackback | Comments(12)
野良猫⇒地域猫  その3
お待たせしました

マイクロチップ情報です。

地域猫には避妊手術の際、場合によっては補助が出る事は前述しました。
ある医院の場合、電話で聞いてみたところ半額が連れてきた人(保護した人)負担。
残りの半額を医院と獣医師会で折半との事でした。
但し、全ての野良ちゃんには今のところ適用できません(一月に出来る頭数が制限されているようです)保護して手術を考えたら、まずは獣医師さんに相談してみると良いですね。

で、半額は実費なんですが・・・その際もれなくマイクロチップを入れてもらえるのです。
それは・・・色々な意味を持っているんだそうです。

手術をした猫ちゃんがよそで保護された場合もチップがあれば誰が責任をもって世話しているかがわかりますから、解放してもらえます。

遠くに行って、優しい誰かに保護された場合、飼ってもらえることになって病院へ手術へ連れて行かれても、手術する前に手術済みだとわかります。をを~~~これなら何度もお腹を切られたりしないで済むからいいですよね。
実際に何度も保護されて、何度もお腹を切られちゃう子もいるんですって。


でもって・・・・・・・・・・ミルクの場合

ミルクに導入を考えた訳は、主に近い将来来ると言われ続けている「東海地震」に備えての事ですが、実はもう一つ懸念があってのことでした。
同じビルに住む義父や義弟がミルクを可愛がってくれています。それはとっても嬉しいのですが・・・・・・・・・・・いくら言っても時々うっかりドアを開け放って入ってきちゃうのです部屋に。。。。。

幸い今までは1度もそのドアから出て行ったことのないミルクですが、ドアの外には興味津々ですからね。。いつ冒険の旅に出て行っちゃうかわかったものではありません。

さて、そうなると・・・・・首輪はしていないし・・人見知りはするし・・・夜になるとビルはシャッタが締まって入れなくなるし・・・路頭に迷うじゃん!!

これはやっぱり・・・・・・入れたほうが良いか・・・・・・・・・・良いな!
場合によっては飼い猫にもこのアイテムは使えると思うんですよ。

                                            続く

c0006826_13302326.jpg

お外で暮す気は全くないけれど・・・・・・・・・・・・
でもね。でもね。たまにお出かけしたくはニャルのよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by milknyan1 | 2006-04-12 13:32 | 地域猫 | Trackback | Comments(14)
野良猫⇒地域猫  その2
いつもおとぼけミルクと母さんですが・・・・(笑)
この項目はちょっと真面目に考えますのでお付き合いくださいね。不定期連載ですが、勢いに乗って今日は2回目。

カテゴリが「地域猫」なのに・・・今日はちょっと話題がずれます。すんません。

さて、マイクロチップ??体に異物を??痛そう・・・可哀相・・・・・
そう考えるむきも有ると思うのですが・・・・・・・・・・・・・・

ここ、東海地方はずっといつか来る巨大地震を抱えてもう30年もの間、どこかにかならず存在の不安と共に暮している・・・・のですよ。

折に触れて思い出す、地震・・・いつ来るんだろう。。。

もしもの時ミルクはどうなっちゃうんだろう。。。。

これは・・・なかなか大きな課題だったりします。

今週4Jさんからこのマイクロチップの事を伺ってこれは近いうちに行ってこよう!!と決心させるだけの魅力を感じました。

何故??犬と違って猫は・・・大きな恐怖の後にすぐ飼い主に飛びついてきたりしませんでしょう??どこかに隠れて身を小さくして・・・・

つまり会えない公算が大きいのですよ。被災地では身寄りの無くなったペットがたくさん路頭に迷い怪我の治療や食事も充分になされず命を落とします。そして、身寄りがあってもお話できないから、どこの子ともわからず捕獲されても憔悴して亡くなる子もおおいのだそうです。
人が路頭に迷っている時、行政は被災動物までは手が回らないですよ。嫌な話題ですが、殺処分・・・・という選択はしかたが無いのかもしれません。

そんな時、所有者が認識できるチップのある子はとにかく飼い主に連絡をしてもらえるそうです。期間は数週間らしいですが、引き取りに行くチャンスをもらえます。
瓦礫の中で生き別れになったペットに再び会える大きな可能性をチップはくれるんですね。

我県はこういう大きな問題を抱えている為にチップの普及に獣医師会が取り組んでくださっているのではとおもいます。

この項目は近くミルクに施しますので。追記予定。
c0006826_7194690.jpg


c0006826_7202268.jpg

c0006826_7203934.jpg

4Jさんに見せていただいた「動物登録証」です。
これは地域猫ちゃんの物。。。

あのね。4Jさん宅には常に多数の猫ちゃんが寛いでいます(^^ 地域猫ちゃんたちが入れ替わり立ち代りお世話されています。近隣の皆さんに育てられているのだけれど・・・・やっぱり居心地が良いところに集っちゃうのね。(笑)
[PR]
by milknyan1 | 2006-03-31 07:24 | 地域猫 | Trackback | Comments(10)
野良猫⇒地域猫  その1
★猫屋敷日記★さんのおみごと!(0^~^0) にTBです。
さて、今日はちょっと真面目なお話です。
地域の人たちに可愛がってもらっている野良ニャンたちに鮮やかな避妊手術が施されたと言う記事を読んで膝を打ちました。ちょうど個人でそういう活動をしている友人に取材を(笑)してきたところだったので・・・

1回で書ききれる事でもないので、不定期に書き足していく形ではじめますね。

さて、猫好きな皆さんはこんな言葉を聞いたことありますでしょうか??

地域猫。。。。。
「地域猫」ってなあに????
飼い猫と野良猫の中間に位置するような立場のニャンのことらしいです。
特定の飼い主はいないけど、地域の有志が避妊・去勢手術のうえ一代限り(ここ重要です!)を共同で世話する、猫とのおつきあいのしかたなんだそうですよ。
飼い主のいない猫を「迷惑だ」と感じる方が出ないように、野放しのノラ猫につきものの、
食べ残しの餌のゴミや次々生まれる子猫の問題を地域ぐるみで防ぐ考え方なんだそうです


このブログをはじめて・・・ミルクが避妊手術を受ける頃。ちょっと調べた事があったのですが、野良猫の避妊手術に対して補助を出している市町村が多くないながらも存在していると言う話を聞いたのです。 さて、今回。。わが町は補助していないってことがわかっただけで(^^;
全国どの地域でやっているかは調べていません。
ただ、こんな情報がありました。

獣医さんがやってくださる事ですよ。全ての獣医さんが加盟しているわけではないようなのでそこは各自聞いてみて欲しいのですが、捕獲した野良ちゃんの避妊手術を半額負担した上個体を認識できるマイクロチップを入れてくれる活動があるんだそうです。

今日はざっと流れを書いておきますね。
1::ノラチャンを捕獲したら獣医さんに「この子は野良猫です。」と言います←これ大事!

2::避妊手術代が通常28,000~30,000円の所、13,000円になるそうです。

3::避妊手術だけではなく肩にマイクロチップを入れてくれます。

4::これで動物登録がされます。チップにはどこの猫か、誰が保護したか等の情報が入力されています。

5::抜糸しないで解放します。行政の方が捕獲した場合一目で手術済みってわかるほうが有利だから。。。。さあ。これでもしこの子が放浪の旅に出ても、捕獲処分などという目にはあわなくなります。地域猫として安心して暮すことが出来るのですね。
(注意::これは1家庭1ヶ月に1匹しか適用されません。)

半額とは言え、個人の負担は大きいです。仮に4Jさんご一家としておきますが、このシステムでこれまでにたくさんの猫さんたちを救ってくださいました。

こんな所でなんですが(^▽^)本当にありがとう~~~
c0006826_711829.jpg

c0006826_7112580.jpg

そんな4J家でとっても幸せな日々を送る上がヤマネちゃん、したがモモちゃん(^^)

さて、話題はまだまだ続きます。どうぞよろしく♪
c0006826_714552.jpg

わたちも元々は野良猫にゃんで、この話題は興味しんしんにゃんだわ。
母さん、いろいろ教えてね。
[PR]
by milknyan1 | 2006-03-30 07:19 | 地域猫 | Trackback | Comments(6)