2017年 04月 03日 ( 1 )
納骨と初七日
昨日、納骨と初七日の法要を済ませました。

母さんも父さんもやっと気持ちに一区切りつける事が出来ました。
皆さまご心配かけまして本当に申し訳ありませんでした。

コメントにもお返事出来る元気が出ましたよ。

ただ、まだ突然涙がでちゃったり・・・・・
皆さまのブログにお邪魔してもコメントできないかもしれません。。。。。

どうぞどうぞお許しくださいね。




さて・・・・・・・
お一人お気づきになられたのですが・・・・・



このブログの題名が変わっております。

ネコ。ねこ。猫の子。よく寝る子
から
ネコ。ねこ。猫の子。よく寝

となっております。

「母さんらしいね」
と言われました。

そうね。そうかもね。


母さん、ミルクの最近の写真は持ち合わせません。
痩せてしまった姿はこの世に残しませんでした。

斎場で
「遺髪はどうされますか?」
と聞かれ
「奇麗なままで送りたいので結構です」
と答えました。
推定7億5千万円と父さんが尊んだ素敵にふかふかの毛皮はそのまま天に返したのです。


でもね。
セーターにも
敷物にも
ここにもそこにもあそこにも・・・・・
白い毛はいっぱい残っているんですよね

三日月のような爪も爪とぎの周りにポロンと残されていたり



ああ。拾って集めちゃいます!少しずつ宝石箱に溜まっていきます。
こんな事してたら駄目じゃん・・・

「ああ!!!それやります!!やります!!」
気分転換に髪を切りに行ったとき猫好き仲間の美容師さんが手を叩きました。

彼女も5か月前にニャンを見送っています。
二人で時折涙をぽろぽろ流しながら
残された飼い主あるあるを語り合いましたよ。


葬儀の時に和尚様がおっしゃいました。
「出会った時にはとびきりの笑顔で迎え、日々楽しく過ごし、送る時にはしっかり涙を流しありし日を偲んで泣いてあげる。それが大事ですよ」


そうですね。それでいいのですね。

母さん自然体で日々を過ごします。
ミルクの話もいずれ出来る日には猫記事も書けるかなと・・・思います。
まだちょっとありし日の写真などを見るのは父さん共々辛いですが(^^;

ミルクを失った今。題名も過去形になってしまったし・・・
どんな話題を書けば良いのかも今はわかりません。でもせっかくミルクが繋いでくれた皆さまとの絆
繋げていけたらと思っております。


ひとつだけ今日ここに書いておきたい事があります。
ペットを失う事はとってもとっても悲しい事です。
もう2度とこんな思いをしたくないから動物はこりごり!とおっしゃる方もいらっしゃいます。

でもね

母さんや家族にとって、ミルクと過ごした時間は宝物です!!
うちの子になってくれて本当にありがとう。
幸せな12年半を本当にありがとう。
きちんと送り出させてくれてありがとう。

大好きだよ。ずっとずっと大好きだよ。

忘れません。だからミルクはずっとずっと心の中に生きていますよ。
いつか又会える日まで。
ミルクも忘れないでいて頂戴ね。
[PR]
by milknyan1 | 2017-04-03 14:51 | Trackback | Comments(18)